財産管理マスターに認定されました。

一般社団法人日本財産管理協会において、財産管理マスターに認定されました。

一般社団法人日本財産管理協会のHP:http://www.nichizaikyo.jp/

司法書士は、司法書士法施行規則第31条において、他人の財産を管理することを業とすることができます。

これは司法書士と弁護士にのみ、認められています。

 

司法書士法施行規則

第三十一条  法第二十九条第一項第一号 の法務省令で定める業務は、次の各号に掲げるものとする。
一  当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務
二  当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、後見人、保佐人、補助人、監督委員その他これらに類する地位に就き、他人の法律行為について、代理、同意若しくは取消しを行う業務又はこれらの業務を行う者を監督する業務
三  司法書士又は司法書士法人の業務に関連する講演会の開催、出版物の刊行その他の教育及び普及の業務
四  競争の導入による公共サービスの改革に関する法律 (平成十八年法律第五十一号)第三十三条の二第一項 に規定する特定業務
五  法第三条第一項第一号 から第五号 まで及び前各号に掲げる業務に附帯し、又は密接に関連する業務

※弁護士にも同様の規定あり

 

上記財産管理業務において、一定の研修および協会の認定を受け、財産管理マスターとして登録されることになりました。

相続が発生した後の遺産分割協議から、不動産の名義変更、金融機関の預貯金解約、株式等有価証券の名義変更、各相続人への遺産承継などを得意としております。
 
 
 
 

その他の関連コラムはこちら

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。