遺留分

一定の相続人に存在する、法律上必ず残しておかなければならない一定の相続財産の割合のこと。
一定の相続人とは、被相続人の兄弟姉妹のことである。一定の割合は、相続人の構成によって変動する。
遺言によっても、相続人の遺留分を侵害することはできないが、遺留分を侵害する遺言が無効になることもない。つまり、遺留分を無視して遺言内容が実行された場合には、後に遺留分を侵害された相続人から他の相続人に対して遺留分減殺請求という、遺留分を取り戻す権利を行使される可能性がある。
ただし、遺留分請求権は、相続人が被相続人の死亡および減殺すべき贈与や遺贈があったことを知ってから1年で消滅する。

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。