数次相続

人が死亡し、相続が開始した後、さらにその相続人が死亡し、相続人に関しても相続が発生すること。例えば、Aさんのおじいちゃんが死亡した後に、息子であるAさんの父親が死亡し、Aさんがおじいちゃんの遺産を承継すること。不動産の名義が何世代も前のままになっている場合、数次相続によって、相続人の数が膨大になると、通常の手続きでは不動産の名義変更が出来なくなることもある。

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。