相続登記

不動産登記の内、相続を原因に不動産の名義を変更することを、相続登記という。
人が死亡すると、その相続人に対して、死亡した人の権利義務の一切が包括承継されるため、不動産の名義が死亡した人のままになっている場合は相続登記によって相続人に不動産の名義を変更する手続きが必要となる。
相続登記には、基本的に以下の書類が必要となる。
・被相続人の出生から死亡までの戸籍・除籍謄本など
・被相続人の死亡時の住所を証明する住民票の除票など
・相続人の戸籍謄本
・相続人の住民票
・遺産分割協議書(遺産分割協議をする場合)
・印鑑証明書(遺産分割協議をする場合)
※その他、遺言書がある場合は遺言書など、ケースによって必要な書類は様々

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。