不動産登記

不動産(土地や建物)の所在や面積、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(不動産登記簿)に記載し、これを一般公開すること。権利関係などの状況が誰にでも分かるようにし,取引の安全と円滑をはかる役割をはたしている。
登記簿は、表題部と権利部に分かれ、表題部は不動産の物理的状況を示し、権利部は不動産の権利状況を示す。
司法書士が代理できるのは、権利部の登記になるので、不動産の物理的状況の変更等があった場合は土地家屋調査士という別の専門家に依頼する必要がある。

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。