債権・債務

特定の者(債権者)が他の特定の者(債務者)に対して一定の給付を請求することを内容とする権利を債権といい、債権に対する義務を債務という。

お金の貸し借りを例にとれば、お金を貸した人を債権者、借りた人を債務者といい、貸したお金を返してもらえるよう請求する権利が債権、借りたお金を返す義務が債務となる。

無料相談受付中

042-851-7403

相談受付9:00~21:00土日祝日も受付中。